passiv外付ブラインド ~外付ブラインドで、光と風とともに暮らす~
外付ブラインドとは、窓の外側に取り付けるブラインド。
日光が室内に入る前に遮ることができるので、夏は室温上昇を防ぎ冷房効果を高めます。
冬には太陽光を効果的に取り込み、室内の空気を暖め、暖房効果をあげることもできる優れものなのです。

passiv外付ブラインドは、ガス・電気・灯油などをなるべく使わず、地球環境を大切にし、快適な暮らしを過ごすために大きな役割を果たします。


 



外付ブラインドの耐風テスト


【スラット型毎の耐風テスト動画】
外付ブラインド(C型スラット)
外付ブラインド(S型スラット)
外付ブラインド(Z型スラット)

【オーニングの耐風テスト動画】
オーニング


外付ブラインドを使うメリット

採光×通風  室内に心地よい光と風を取り入れる

夏は、窓の外にブラインドを取り付けることで日射を遮り、室内の温度上昇を防ぎながら心地よい風を通します。
冬は、スラットの角度を調節して、暖かい光と風を効率的に取り入れます。
 



断熱×省エネ 外気の浸入を防ぎ、室内の熱をまもる断熱性能で冷暖房効率アップ


熱は、常に温度の低い方へと動いています。

冬は窓を通じて、室内から室外へ熱が逃げてしまいます。

中でも、窓から逃げる熱は45%を占めています。

外付ブラインドは、室内の断熱性能を高めるとともに外気の浸入を防ぐことで断熱効果を高く保つことができます。

外付ブラインドは、日射の侵入と温度の上昇を窓の外で防ぎ、室内の温度を逃がさないエアクッションの役割を持っています。
冷房負荷を下げ、暖房効果を高く保ち、高い省エネ効果を生み出します。

 

日射遮蔽×プライバシー 日差しと外からの視線を同時にブロック


室内ブラインドやカーテンは、太陽光や外からの視線から室内を隠すために取り付けられていますが、夏季は日差しを受けて室内ブラインドの表面温度が上昇し、室内が短時間でとても暑くなってしまいます。
 


  外からの熱は窓ガラスや屋根、壁から伝わって入ってきますが一番熱の伝わりが大きいのが窓で、そのほとんどが日射です。
窓からの太陽熱の侵入は、なんと73%にものぼります。
外付ブラインドを設置することにより、窓の外で日射を遮蔽し室内への熱の浸入を防ぎ、お部屋を涼しく保つことができます。

また、稼働するスラット(羽根)の角度を変えることにより、自然の光を取り入れながら風を通し、近隣の視線を遮ってプライバシーをまもります。
寝室や浴槽にも最適です。


豊富なカラーバリエーション


可動する羽根(スラット)は1000色以上のカラーからお選びいただけます。



こちらの11色が、標準色(追加料金なし)になります。


passiv外付ブラインド 設計価格表・施工要領


passiv外付ブラインドちらし

業者様向けデータダウンロード

パッシブエネルギージャパンでは、設計・開発者および施工・工事部門の方へ向けて、データダウンロードサービスを実施しています。


【ダウンロード用データ】
passivブラインドHighClassのアニメーション
passivブラインドSuperiorのアニメーション


無償でダウンロードできるXVL Playerを使えば、WEBブラウザーでXVLファイル(アニメーションのファイル)を閲覧することができます。下のバナーからダウンロードできます。

LATTICE TECHNOLOGY XVL Player

※ご利用のパソコンによっては正常に動作しない場合がありますので、ご注意ください。



お問い合わせ先

「passiv外付ブラインド」に、ご興味を持たれた方はお気軽にご連絡下さい。