【外付けブラインド】 日射侵入をブロックし、省エネ効果が大幅にアップ

こんにちは。

パッシブエネルギージャパンです。

夏も近づき、少しずつ暑くなってきましたね。夏になると、日射の強さで室内がかなり暑くなりますね。室内に入る熱が窓等の開口部が73%を占めているということをご存知ですか?窓ばかりのオフィスビルも多くて、夏になると、大変そうです。室内にブランドを付けても、温度がそんなに変わらなくて、まるで暗くなるだけです。「日射を遮りながら、光と風を効率的に取り入れることが出来たらいいのに」と思いませんか?

日射侵入をブロックし、省エネ効果が大幅にアップ

外からの熱は、ドアや屋根、換気、壁から伝わって入ってきますが、一番熱の伝わりが大きいのが窓です。窓から入ってくる日射は、非常に強く、室内温度を上昇させてしまいます。

一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会による、窓から室内に入る熱が73%だそうで、日射対策の設備が重要とされています。

「古くから日本の住まいは、夏の過ごし方を中心に考えられてきました。庇や軒を深くして日差しを遮ったり、厚い茅葺屋根の断熱効果を利用したり、風通しをよくしたりすることで、夏の暑さを和らげていたのです。[…] とくに、窓などの開口部の日射遮蔽は重要です。日射遮蔽性や断熱性が悪ければ、夏も冬も開口部を通して大量の熱が出入りします。

開口部から入る熱

外付けブラインドを設置することにより、窓の外で日射を遮蔽し、室内への熱の侵入を防ぎ、部屋を涼しく保つことができます。レースカーテンや紙障子などと比べても、窓の日射侵入率は、外付けブラインドが圧倒的に低く、 熱取得を87%カットします。 冷房効果を高める節電・省エネ製品です。

室内用ブラインド 対 外付けブラインド

プライバシーを守りながら、外と繋げる

夏の夜は、窓を開けて涼しい風を取入れたい方が多いですが、外から室内に見えることが心配です。外付けブラインドの角度調整で、外から光が入りますが、視線を気にする必要はありません。日中でも、通りに面した窓や近隣からの自然をブロック しながら、心地良い光と風を取入れることができます。

自然のチカラで夏が涼しく、冬が暖かい

窓の外に外付けブラインドを取付けることで、夏は日射を遮り、室内の温度上昇を防ぎながら、心地よい風を通します。冬は、スラットの角度を調節して、暖かい光と風を効率的に取り入れます。

外付けブラインドにお興味をお持ちになりましたか?

外付けブラインドの事例 → PEJブログ

「外付けブラインド」の寸法計算は、弊社にて無料で行っていますので、お見積はこちらから、ご依頼できます。外付けブラインドカスタムメードで、 お客さんのご希望を含めながらサッシの寸法に合わせて、生産します。

寸法計算に必要な情報

  • サッシの寸法 (幅と高さ:外端~外端、サッシの奥さ)
  • サッシの周りが分かる図面

ご不明なところがありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*